北海道札幌市中央区にあるガーデン動物病院は犬、猫、エキゾチックアニマルに対応している動物病院です。

スタッフ


齋藤秀行 院長

動物病院に来院されたすべてのご家族と動物の絆 (HAB;Human Animal Bond) をより深めるお手伝いをすることが私達の努めであると考えています。そのためにはホスピタリティ精神と笑顔のコミュニケーションを大切にし、飼い主様、ご家族の一員である動物達、病院スタッフに対して常に「真摯」であることを心がけながら日々努力して参りますのでどうぞよろしくお願いします。

齋藤秀行 院長
経歴 2005年 酪農学園大学獣医学部獣医学科卒業
2005年〜2008年 いせき動物病院勤務
2008年 北海道大学大学院獣医学研究科付属動物病院内科学教室研修
2008年〜2012年 大阪府松原動物病院勤務
2012年 大阪府北摂夜間動物病院勤務
2012年12月 ガーデン動物病院開業
所属学会等 日本獣医師会
北海道獣医師会
札幌市小動物獣医師会
日本臨床獣医学フォーラム
日本獣医がん学会
日本獣医麻酔外科学会
資格・研修 日本獣医がん学会:獣医腫瘍科認定医
獣医教育・先端技術研究所:心臓超音波研修修了
学会発表

北海道小動物獣医師会年次大会2005
左前肢において動静脈瘻を疑った犬の1例

北海道小動物獣医師会年次大会2006
犬の組織球性肉腫の1例

北海道小動物獣医師会年次大会2007
精巣捻転を併発したセルトリー細胞腫の犬の1例

動物臨床医学会年次大会2009
慢性膀胱炎ならびに慢性尿道炎に起因した重度尿道狭窄に対してバルーン拡張術を行った犬の1例

日本臨床獣医学フォーラム2009
肝細胞がんと副腎皮質腺腫を併発した犬の1例

動物臨床医学会年次大会2011
骨盤原発骨肉種に対して骨盤片側切除術を行った犬の1例

動物臨床医学会年次大会2011
直腸腺癌の犬に2度の直腸粘膜引き抜き術を行い術後狭窄に対してバルーン拡張術を実施した1例

齋藤朋子 獣医師

齋藤朋子 獣医師

主にエキゾチックアニマルの診療を担当しています。

私は猫、フェレット、ウサギ、チンチラ、オカメインコと暮らしている皆様と同じ動物が大好きな一人の飼い主でもあります。ですから家族の一員である動物達が病気になれば悲しみ、何がその子にとって一番なのかを考え、悩んでしまうこともあります。そのような気持ちや疑問を持つことは家族として当たり前のことだと思いますので、少しでも不安に思うこと、疑問に感じたことがあればいつでもお声をかけてください。
ご家族様と動物が出来るだけ長く楽しい時間を一緒に過ごして頂けるように最善の治療を一緒に考えていきたいと思います。

また動物病院は病気になってから訪れる場所ではありません。元気な動物の健康維持のアドバイスも行っていますし、これから動物を飼おうかなと思っている人も是非お気軽に 相談に立ち寄ってくださいね。
経歴 2005年 酪農学園大学獣医学部獣医学科卒業
2005年 札幌市内動物病院勤務
2006年〜2008年 札幌夜間動物病院勤務
2008年〜2012年 大阪市クウ動物病院勤務
研修 獣医教育・先端技術研究所:腹部超音波研修修了
所属学会等 エキゾチックペット研究会
鳥類臨床研究会

長谷川 看護師

コメント 言葉でお話しのできない動物達です。病気になった時、この子はどうしたいかな、何を望んでいるかな、そしてご家族の皆様はどうされたいかな、少しでも一緒に考えるお手伝いをさせて頂けたらと思っています。
もちろん、元気な動物達や飼い主様のたくさんの笑顔にも会えることを楽しみに日々努めております。どうぞお気軽にお声かけくださいませ。

南沢 看護師

コメント 2015年4月から動物看護師として勤務しています。
専門学校ではしつけについても学んでいました。
実家ではミニチュアダックスフンドと暮らしていました。
私も一人の飼い主として心配したり悩んだりしながら治療した経験がありますので、ご来院頂く皆様と一緒に動物たちのことを考えていける動物看護師になりたいです。
まだまだ至らない部分で皆様にはご迷惑をおかけすることも多いかと思いますが、日々成長できるように勉強してまいりますのでよろしくお願い致します。

前川 看護師

コメント 2015年5月から動物看護師として勤務しています。
以前は千葉県の動物病院で約5年間勤務しておりました。
幼い頃から動物が大好きで犬・猫・アヒルに囲まれて育ちました。
動物たちの小さな変化に気付くことが出来る動物看護師が目標です。
言葉が話せない動物のことですから、わずかな変化でも不安になりますよね。
何かいつもと様子が違うんだけど・・・という時にはいつでもお気軽にご相談ください。